ご存じですか?携帯電話に使われている電磁波の危険性を!

欧米諸国では日本政府が定めている携帯電話電波規制値の二桁以上強い規制が施されている。
経済成長を優先する余り数々の深刻な公害を起こしている中国ですら日本国の二百分の一に
携帯電話の電波の強さを規制しています。
しかし日本政府は何とオーストラリアの規制値と比べ100万倍強い電波を野放し状態にしています。


★ 携帯電話があなたの脳を調理する。★
これはイギリスの「サンデー・タイムズ」紙に掲載された衝撃釣な記事の見出しです。
携帯電話に使われている電磁波はテレビやラジオ又はコードレステレフォン等と違いマイクロ波と
言われる電子レンジに使われているものと同じです。

携帯電話が日本で普及し始めた10年ほど前はマスコミ等で携帯電話の電波が人体に与え
る悪影響について盛んに語られていた時期がありました。

最近は何故かこの話題が公になりませんね?
又 今全国で携帯電話電磁波問題は200カ所以上で訴訟等トラブルが起きています
しかしその事が全く報道されていません。
おかしいと思いませんか? (明らかに情報が操作されています 日本のマスコミは情報黙殺
諸外国はその後もこの問題について真剣に取り組み研究を重ね対策を施しています。
しかし日本政府は何故?
現在日本国内でこの問題の情報を知るにはネット上に限られていると言っても過言ではあ
りません。
(唯一 週間金曜日で度々特集を組んで取り上げています)
これが日本政府の政策なのでしょう。

自然環境に恵まれている西表島も近年携帯電話各社の電波塔が彼方此方に乱立し自然景観
を損ね有害な電磁波を撒き散らしています。
人体に悪影響を与えるものであれば当然自然環境(イリオモテヤマネコ)等にも悪影響が
あると考え、西表の自然を愛する会はこの問題にも取り組みを始めました。

西表島浦内地区に最近ソフトバンクモバイルの中継局アンテナが設置される計画が
持ち上がり浦内地区住民は健康被害と景観破壊で設置に反対をしております。
地域住民の声は既にある携帯電話で十分事足りているのに更なる電波塔はこれ以上
必要ない。又 ホテルニラカナイ促進派であった住民も、ホテル利用者の利便性のため
に電波塔が建って住民に健康被害が及ぶのは許せないと言っています。

浦内地区にはホテルニラカナイが有りこれもホテル建設によって生じた弊害の一つと言えます。

西表の自然を愛する会が浦内地区に配布した資料 (資料こちら)

浦内住民とソフトバンクモバイルが話し合った後に送られてきた回答 変更・配慮無し!(回答書こちら)


週間金曜日2007年5月25日号(No.655) 西表島で危険なソフトバンクモバイル住民とトラブルを起こす。
投稿が投稿欄トップで掲載されています。


今年新たに設置されたソフトバンクモバイルの中継塔 西表の自然景観を台無しにしている。

電磁波問題の最新情報等は掲示板BBSー2へ。(掲示板表示が少し遅くて申し訳ありません)

電磁波関係の資料
1.知りたい知らない電磁波 (『週間金曜日』2003.11.7-12.19・抜粋)
2.次世代携帯電話でアタマに異常が起きる! <抜粋>『ムー』2001年6月号

他の情報ホームページへのリンク集
携帯使用で精子減少米国で新研究結果 ロシアは未成年者に利用中止勧告 2007/06/29MyNewsJapan
週間金曜日の記事です 第633号 2006年12月01日  電磁波過敏症に配慮 ドコモが基地局撤去
既に健康被害が確認されて条例を制定し規制する自治体も急増する基地局、多発する電磁波トラブル
携帯電話の電磁波から身を守れ ケータイ電磁波レポート
BEMSJ 電磁波の健康への影響 「正当に怖がるための努力と、そのための関連情報の収集と理解」