西表島浦内地区におけるリゾート施設建設見直しに関する要望書

 沖縄県西表島の西北部を流れる浦内川は、南西諸島で最も長い河川であり、河口付近の
マングロープの面積も100ha を越え、西表島の中でも特に生物多様性が高い重要な場所で
ある。

 現在、浦内川河口に位置する浦内地区「トゥドゥマリの浜」では、面積14ha、完成時600室以上とされる沖縄県最大規模のリゾートホテルの建設が進行中である。この建設計画は、環境影響評価の実施要件として沖縄県条例が定める 20haに達しないため、事業者(ユニマット不動産).が工事区域内の簡便な生物調査のみで、建設およびその後の営業にかかわる環境影響評価をまったく実施しないまま県から許可が出された。しかし、この許可のもと事業が実施されると将来の西表島の自然環境に多大な悪影響を与える可能性がある。この施設が稼動すると、観光盛期には西表島西部地域の総人口をはるかに越える観光客や従業員が滞在することが予測される。それに伴う膨大な取水と排水による海水・汽水生物への影響、宿泊客の行動による国立公園内を含む自然への影響、さらにこれまで自然と共存してきた地域社会への影響についての客観的予測と評価が是非必要である。

 リゾートホテルの建設予定地は、浦内川の河口域に位置する。本河川は河口から約10km上流まで汽水域が続き、その河口域は海と河川を回遊する魚類、甲殻類、貝類が生活史のなかで必ず利用する重要な場所である。浦内川には魚類に限っても、環境省レッドデータブックの絶滅危惧IA類4種(ウラウチフエダイ・コマチハゼ・コンジキハゼ・アゴヒゲハゼ)、絶滅危惧IB類8種(シミズシマイサキ・ツバサハゼ・タメトモハゼ・タナゴモドキ・キバラヨシノポリなど)、絶滅危惧?類2種(ヤエヤマノコギリハゼ・ナガレフウライポラ)が生息し、絶滅危惧種数の多様さは国内随一である。また、これら希少種のみならず、沖縄県の水産重要種(ギンガメアジ・ゴマフエダイ・ミナミクロダイ・ゴマアイゴなど)も多数生息している。これらの魚種にとって、河口の汽水域は仔稚魚の生育場所などとして不可欠であり、リゾート施設の建設と営業による環境の著しい劣化の影響が懸念される。さらに、リゾート施設に隣接する細流にはタメトモハゼやタナゴモドキが生息し、直接的な生息環境破壊も危惧される。同時にリゾート施設の建設地「トウドウマリの浜」の周辺もまた重要生物の宝庫で、国指定の特別天然記念物カンムリワシ(絶滅危惧種?A類)と天然記念物6種(キンバト、セマルハコガメ、カグラコウモリ、キシノウエトカゲ、オカヤドカリ、ムラサキオカヤドカリ)のほか、沖縄県指定天然記念物のヨナグニサンや国内では浦内地区にのみ分布するタイワンキマダラなどの生息が確認されている。また、この砂浜は希少種アオウミガメの産卵可能地として、海岸林は絶滅危惧?類ヤエヤマヒトツポクロの生育地として重要である。

(1)予測される影響を客観的かつ科学的に評価して公表すること、(2) 竹富町と沖縄県は、リゾート開発に関連する諸施設(排水処理施設、廃棄物処理施設など)の建設に伴う環境影響評価を総合的なものとして実施すること、(3〉 関係省庁は、環境影響評価が公表されるまで、工事の中断を事業者に指導し、その評価結果をふまえた協議の場を設けることを強く要望する。

・2003年5月24日

沖縄生物学会第40回大会総会

要望書提出先:鈴木俊一環境大臣、文部科学大臣、国土交通大臣、稲嶺恵一沖縄県知事、竹富町長、ユニマット不動産社長